無セーシ症の新郎と妊娠2か月の新婦、両家の両親は結婚披露宴そっちのけで席を離れた。残された我々は暫くぼーっとしてから、爆弾を投下してしまった友人を慰めることにした。